忍者ブログ
新世紀エヴァンゲリオンの二次創作物、小説「Ihr Identität」を掲載するサイトです。初めての方は「このサイトについて」をご参照下さい。小説をご覧になりたい方はカテゴリーからEpisode#を選んで下さい。この物語はフィクションであり登場する人名、地名、団体名等は特に断りが無い限り全て架空のものです。尚、本ホームページに使用した「新世紀エヴァンゲリオン」の画像は(株)ガイナックスのガイドラインに沿って掲載しています。配布や転載は禁止されています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ドイツに移り住んでかなりの年月が過ぎましたが、いまだに近所の小学生の女の子(8歳)に口で勝てずにボロ負けするほどドイツ語が苦手な管理人です。お蔭で大人としての威厳がゼロ。この頃では管理人を遊び相手と認識したらしく、顔を合わせるたびにママゴトにつき合わされそうになって困っています。

さてそんな管理人ですが、ドイツ国内は映画代が安いこともあって週末などはちょくちょくと行っています。去年、ドイツ映画の「Schutzengel(守護天使)」がまあまあヒットしたのですが、ここは敢えてあまりの下らなさで見た後からジワジワきたこの映画をご紹介したいと思います。


PR
【ジャンガリアンハムスター篇②】

何の脈絡もなく、そして何の知識もないまま、管理人とジャンガリアンハムスター(♂)の共同生活はスタートした。
【ジャンガリアンハムスター篇①】

これは管理人がまだ横浜某所に一人ですんでいた頃の話である。当時26歳だった管理人は秋葉原某所のとある技術系会社に勤めていた。社会人3年目、ようやく仕事にも慣れてきたタイミングで、日常生活にもちょっとは目を向けられるほどに余裕が出てきた、そんな時だった。

そう、管理人が“ヤツ”と出会ったのは。
東日本大震災で発生した福島第一原発の事故以降、日本国内で「脱原発」「反原発」の動きがにわかに活発化しています。今まで原発にまったく無関心だった主婦層に至るまで誰もが何らかの形で「原発っていうやつは云々」などと言い出し始めました。まあ、今まで関心を持っていなかったという点では管理人もその一人だったわけですが、最近の日本国内の「脱(反)原発」の動きは(衆院選挙の影響も相まって)なんだか少し斜め上に向っているような印象があります。
今日は管理人の「脱(反)原発」に対する個人的な意見・私見をちょっと書きたいと思います。
【編集作業中】
■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ 10%完了



第弐十弐部 だから…アタシを見て…(仮題)


「自分(自我)」は人に生きる意味と価値を教え、そして「記憶(人格)はその人生の道標となる。
両方を蹂躙(じゅうりん)され、一方的に弄ばれた少女らが迷い、拙いながらも導き出した答え、それは・・・あまりにも対極の位置にあった。
過去を知らぬ少女は「この世界を護(まも)る」、ことに将来の自分を見出し、そして過去を知る少女は「世界を破壊し尽くす」の道を志向する、ゲオルグ・ハイツィンガーに同調する道を選んでいた。
「自分の目的のために大人を巻き込むのは気が引けるなあ…とは思ってるけどね」
相反する少女たちの想いは決して交わることのない溝となってゆく。

神を目指す男がいる。神に許しを乞い、救済を求める男がいる。
そして、今…
「破壊」から「再生」という”第三の救い”を目指す男の野望の一端が明らかになりつつあった…

勝手にOP

ルパン三世カリオストロの城公開から30年とかwwwワロタwwwワロタ・・・

しっかし完成度たけえな、おい

ブログ内検索
カウンター
since 7th Nov. 2008
Copyright ©  -- der Erlkönig --  All Rights Reserved
Designed by CriCri Material by 妙の宴
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]