忍者ブログ
新世紀エヴァンゲリオンの二次創作物、小説「Ihr Identität」を掲載するサイトです。初めての方は「このサイトについて」をご参照下さい。小説をご覧になりたい方はカテゴリーからEpisode#を選んで下さい。この物語はフィクションであり登場する人名、地名、団体名等は特に断りが無い限り全て架空のものです。尚、本ホームページに使用した「新世紀エヴァンゲリオン」の画像は(株)ガイナックスのガイドラインに沿って掲載しています。配布や転載は禁止されています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

この作品は「新世紀エヴァンゲリオン」の二次創作物です。各種原作(漫画版、TV版、劇場版、新劇場版)作品とは基本的に無関係です。従って、各種の設定等に関しては独自の解釈や変更を含んでおり、原作とは整合性がありませんので予めご承知置き下さい。

ご指摘が多いものについてはここで逐次、UPDATEしてお答えして行こうと思いますので宜しくお願いします。

 

(第二東京市等の記載について)
正確には第二新東京市、第三新東京市、及び第三新東京市立第壱中学校ですが、当作品ではそれぞれ新東京市の「新」を割愛しています。これは作者が「語呂が悪くて発音し難い」と勝手に判断した事によります。これに関連して旧東京という記載も同様の理由で「三鷹市」としています。


(松代市の設定について)
松代市は長野市松代町をベースにしています。この作品では松代町は人口が急増して松代市として一旦独立し、その後、長野市を逆に吸収合併して2015年現在は松代市として一つになっている、という設定になっています。


(特務機関ネルフについて)
原作作品では謎の組織としての神秘性に包まれていますが、当作品においては「もし、現代社会においてネルフが存在したら…」というスタンスで、出来る限り「実在しそうな団体」ということを意識して作成しています。その意味では原作に比べて面白くないかもしれません。


(セカンドインパクト後の北ドイツ一帯について)
海抜がほぼ0mの北ドイツ一帯(エルベ川近辺)は「もし本当にセカンドインパクトが発生」した場合は大部分が水没すると思います。当該作品はあくまで素人作品であって公に(公開はしていますが…)出版物として出回ることはない、ということで全く無視してストーリを作っています。世界地図を眺めながら水位上昇した世界の地政図に思い巡らせるのも面白いと思いますが現時点においては別機に譲りたいと思っています。


(バレンタイン条約等の設定について)
これは指摘を受けてビックリしたのですが新劇場版「破」における「バチカン条約第13条第1項」との関連は一切ありません。因みにアスカが軍属という設定も、フィフスチルドレン候補として名前だけが挙がった「マリ」も同様に新劇場版と無関係です。作品公開日と新劇場版関連のプレス発表の日を比べていただけると自明な部分もあるかと思いますが…
まあ…どうでもいいことですが作者自身少しガクブルです…


(Seeleについて)
この作品ではあえてSeeleとアルファベットで記載しています。ドイツ語で「魂」という意味で、発音的には「ゼーレ」というよりは「ズィーレ」の方が音として近いですが、それが直接的な理由ではなくて「ドイツ系の何か」という雰囲気を醸し出したい、という単純な理由によります。
因みに当該作品中では「バチカンと一線を隔する者」という設定です。何故そうなっているかは今後の作品UPの中で明らかになると思います。


(アスカはラッキョが食べられるのか?)
厳しい冬があるドイツでは酢漬けの食品が非常に豊富です。この中に1cm程度の大きさの小さなたまねぎを酢漬けにしたものがあります。これが実に日本のラッキョと食感や味が似ています。ドイツ人は昼食をしっかり摂って夕食は軽めに済ませる事が多く、スープとパン(チーズやハムを乗せる)と酢漬けの食品を合わせて「コールドミール(冷たい食事)」と呼んでいます。この時に各種酢漬けの食品がよく食卓に並びます。人に依存すると思いますがこの事から「ラッキョ」は少なくともドイツ人には受け入れられる、というのがその根拠になります。ドイツに旅行の折は是非一度試してみてください。スーパーで0.8ユーロ/瓶くらいです。


(このサイト内で著作権上の問題を発見した場合)
誠意を持って対応したいと思いますのでまずは問題の箇所をメールでご指摘下さい。二次創作において一次創作側の権利は二次側のテキストデータには基本的に及ばないという認識が一般的ですが、画像関連データは原則的に一次側の制約を受けます。従いまして、当サイト及び当サイトに準ずるサイト(web拍手及び姉妹サイト。但し、他管理者の運営する直リンク先は除く)において使用している「エヴァンゲリオン」関連の画像データは全て(株)ガイナックスの ガイドライン に基づき、「掲載」のみとさせて頂きますので再配布等はご遠慮願います。



(改定履歴)
23rd April, 2009 / Original Issue
18th May, 2009  / 項目追加
14th Mar, 2010 / 項目追加
PR
ブログ内検索
カウンター
since 7th Nov. 2008
Copyright ©  -- der Erlkönig --  All Rights Reserved
Designed by CriCri Material by 妙の宴
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]